特定非営利活動法人ねがいのいえ埼玉県さいたま市・上尾市で展開する障害者・障害児のためのサービス提供事業者

ねがいのいえとは?

  • HOME »
  • ねがいのいえとは?

「ねがいのいえ」は、子供からお年寄りまで、障害のある方ない方、あらゆる方の生活を支援するNPO法人です。
高齢者・障害者・障害児のデイサービス、ショートステイ、外出介助、乳幼児の保育などのご希望に何でもお応えするサーピスを提供いたします。
また多くの方が積極的に関わりお手伝いしてくださる、地域に開かれた場所を目指しております。
この家でたくさんの方がお互いの笑顔に触れ、感動に出会うことを願つております。
また、「ねがいのいえ」の趣旨に賛同し支援の意思を持たれた方は、ぜひ会員となって運営を支えてください。

ねがいのいえ設立の趣旨

理事長 藤本真二 私が障害を持った方たちに出会ったのは、今から約20 年前の大学生の時でした。週に一度障害を持つお子さんたちと一緒に遊ぶというポランティア活動でしたが、その時に垣間見た、あるいはご家族から伺ったその暮らしは、壮絶ともいえる御苦労の連続であり、激しいショックを受けました。心身のハンデイだけでも多大なストレスを負っている皆さんに、我々の社会はなんと冷たいのだろうと思いました。そんな世の中の様子を知った時、自分は皆さんの生活を支える仕事をしようと決めました。

理事長 藤本真二

しかし、レスパイトという言葉も、グループホームという概念もなかった当時、日本にはまだそんな仕事は存在せず、障害を持つ方たちの選択肢は、孤立無援の在宅生活か、社会から隔絶された施設暮らしのどちらかでした。これは違う、自分の目指すのは地域でみんなが暮らしていくための援助をすることだと考え、理想の福祉サービスを作ることを目標に掲げました。

そこで、どんなに重度の方にも対応するために看護学校に行きました。資金と技術力を蓄えるために、大変な時間がかかりましたが、今ようやく、利用される方のねがいを何でも叶えようという思いを込めて、「生活支援ハウスねがいのいえ」がスタートラインに立つことになりました。ご家族は疲れる前に休息してください。定期的に休むことが日常となるよう願ってやみません。利用されるこ本人には、行動範囲と出会いを広げ豊かな生活を作り上げていただきたいと思います。

そして、たくさんの希望を叶えても、なお心の奥に消えずに残る、ハンディを背負う悲しみに寄り添うのが、ねがいのいえの目指す心のケアです。
この一軒の家が拠点となって、やがて誰もが遠くの施設へ旅立つことなく、必要な援助を受けながら普通に暮らしていける街を作ってゆくことを夢見ております。
そしてそれは、他ならぬ皆さまとの共同作業です。

どうか多くの方がねがいのいえに関心を寄せ、気軽にドアを開いて下さるよう、スタッフー同心よりお待ちしております。

平成1 5年 7月1日

■理事長の著書


■理事長の寄稿著書


■理事長のおススメの書籍

■ねがいの掲示板

■ハートサインダンス教室

  • facebook
PAGETOP